Edo-Tokyo Architectural Museum

江戸東京たてもの園

東京の歴史をふりかえり、江戸時代から火事・水害・震災・戦災などにより、多くの貴重な歴史的建造物が失われました。東京都は、1993年(平成5年)江戸東京博物館の分館として、敷地面積約7haを擁する「江戸東京たてもの園」を建設しました。たてもの園は現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。

展示について

失われた建物の看板、模型、写真等を通じて、楽しく学ぶことができます。


都内に存在していた江戸時代前期から戦後までの文化的価値の高い建造物を復元・展示、建物の内部では生活民俗の資料などを展示しており、それぞれの時代の生活や商い等を再現しています。

旧武蔵野郷土館が調査・収集した考古・歴史・民俗資料や歴史的建造物の遺構などを屋外に展示しています。
復元建造物によって、下町と山の手の街並みを再現しています。

 

 


その他にたてもの園では、ボランティア活動をしており、建造物の保存に貢献し、たてもの園とお客様の架け橋になるよう、様々な活動をしています。茅葺き民家の囲炉裏で火を焚いたり、ガイドや教育普及事業の支援などを行っています。
夏休みには子供たちのボランティアを募集し、昔の遊びをお客様に教えたり、民家の掃除をしてもらいます。

 

大人から子供まで江戸時代からの歴史が学べたり、色々なイベントに参加したりと楽しめて、建物などもたくさんあり、まるでタイムスリップしたかのような気持ちになります。

 

 

 

マスコットキャラクター

江戸東京たてもの園のマスコットキャラクター「えどまる」は、緑豊かな野外博物館の色をイメージし、虫をテーマに、アニメーション映画監督の宮崎駿さんにより制作されたものです。

インフォメーション

  • 開園時間/休園日
  • 観覧料
  • ホームページ

開園時間

4月~9月:午前9時30分~午後5時30分
10月~3月:午前9時30分~午後4時30分

※入園は閉園時刻の30分前までとなっています。

休園日

毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

 

 

  個人 団体
(20名以上)
一般 400円 320円
65歳以上の方 200円 160円
大学生(専修・各種含む) 320円 250円
高校生・中学生(都外) 200円 160円
中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童  無 料 無 料

身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付き添いの方2名は無料です。
都内の小・中・高校生とその引率者が教育活動として観覧する場合は、無料です。(事前の承認が必要です。)
毎月第3土曜日と、それに連続する日曜日(家族ふれあいの日)は、都内在住で18歳未満の子を同伴する保護者は観覧料が半額です。
毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は無料です。(年齢を証明できるものが必要です。)
東京都歴史文化財団のパートナーシップ会員校の学生の方は、観覧料の優待制度をご利用いただけます。会員校の学生であることをお申し出のうえ、学生証をご呈示ください。

GoogleMap

目的地をクリックすると住所や電話番号、目的地経路の検索が表示されます。

関連記事

  1. ~懐かしい日本の風景~ 谷中  YANAKA 

  2. 日本の首都にある【香林院】で座禅体験

  3. サンリオピューロランド!日本の可愛い文化を楽しもう!

  4. 「歌舞伎座」(Kabikiza)で日本を体感しよう!限定カプチーノも人気

  5. 日本の伝統的な【屋形船】で日本の観光をスマートにしよう!

  6. 浅草・渋谷・原宿・銀座で浴衣・着物を着て東京散策を楽しもう

  7. 東京の酒蔵【 石川酒造】美味すぎる日本酒・ビール!

  8. 伝統工芸品『江戸切子』(Edokiriko)の体験ができる3つの工房

  9. 江戸総鎮守 神田明神

Translate »