「旧古河庭園(Kyufurukawateien)」で楽しむ、バラと洋館の美しき調和。

旧古河庭園(Kyufurukawateien)

東京都北区に位置する「旧古河庭園」。
元は明治の元勲・睦奥宗光(Munemitsu Mustu)の邸宅として造られ、後に古河家に所有が移転、現在は都立庭園として親しまれています。

「旧古河庭園」のバラ

都心の人気観光地である旧古河庭園が特に賑わうのが、園内に“バラ”の花が咲き乱れる春と秋。それぞれの季節には「春のバラフェスティバル」、「秋のバラフェスティバル」が開催され、多くの花見客が集まります。旧古河庭園は、東京都内でも屈指の“バラの名所”です。

通常は日中のみ開園の旧古河庭園ですが、春には「春バラと洋館のライトアップ」が実施され、ライトアップで闇夜に浮かび上がる“バラ“と“洋館”の競演は、まさに幻想的な美しさ。昼間とは趣の異なる魅惑の表情で、人々の目を奪います。

格調高い「洋館」

格調高い洋館は大正8年(1919年)竣工、鹿鳴館やニコライ堂などを手がけたイギリス人建築家ジョサイア・コンドルによる設計で、煉瓦造りの質実剛健な2階建ての洋館。その最大の特徴は、洋館の内部に和室があるという、極めて珍しい設計にあります。
1階はすべて洋室で、主に来賓のために使うための部屋が並ぶ(応接間、ビリヤードルームやブレックファスト・ルームなど)。
2階には、客用の寝室と、館のあるじ・古河虎之助の家族3人のための生活空間。

ドアをあけると、中には伝統的な和室、小さな子供部屋があります。洋館の内部の見学は、事前申込が必要になります。内部も素敵なので、ぜひ見学してください。

美しい洋風庭園と格調高き洋館、そして色鮮やかに咲き誇る華麗なバラの花々が見事に調和した風景は、きっとあなたの心を打つこと間違いありません。

インフォメーション

住所 東京都北区西ヶ原1-27-39
電話番号 03-3910-0394
営業時間 午前9時~午後5時
※ライトアップなどイベント期間中の開園時間はHPで確認ください。
定休日 年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料 一般   150円
65歳以上 70円
最寄り駅 JR京浜東北線  上中里駅  下車  徒歩7分
東京メトロ  南北線 西ヶ原駅 (N15)下車 徒歩7分
HP http://www.otanimuseum.or.jp/kyufurukawatei/

GoogleMap

目的地をクリックすると住所や電話番号が表示されます。

関連記事

  1. 恵比寿でビールの歴史を学ぼう!試飲のできるツアーもあり 『ヱビスビール記念館』

  2. 【南極・北極科学館】東京でオーロラを見よう!

  3. 「渋谷 忠犬ハチ公」(Chuken Hachiko)の歴史!待ち合わせ場所として知られている銅像

  4. 子供も大人も!一緒に楽しもう!「国立科学博物館」(Kokuritukagaku Hakubutukan)

  5. 建立145年「靖国神社」(Yasukuni Jinjya)は観光スポットとしても有名

  6. 【桜神宮】(sakurajingu) 古式神道を受け継いでいるパワースポットで桜の縁結びでも有名である

  7. ミシュラン一つ星の有名寿司店 『日本橋蛎殻町 すぎた』(nihonbasi kakigaracho SUGITA)

  8. いい寿司をお値打ち価格で食べよう【Midori-Sushi】

  9. 冬に桜並木が出現!?「目黒川みんなのイルミネーション」

Translate »