国立代々木競技場

【アクセス】

国立代々木競技場
住所:〒150-0041東京都渋谷区神南2丁目1−1

最寄り駅
JR山手線(JR埼京線):原宿駅(徒歩5分)、渋谷駅(徒歩15分)
東京メトロ千代田線:明治神宮前駅(徒歩5分)、代々木公園駅(徒歩10分)
副都心線:明治神宮前駅(徒歩5分)

 

【見どころ】

国立代々木競技場(こくりつよよぎきょうぎじょう)には、第一体育館・第二体育館の他、インドアプールやフットサルコートがあります。
1964年(昭和39年)に建築された国立代々木競技場は建築家・丹下健三によるもので、体育館は丹下の代表的作品にもなっている。屋根全体が吊り橋の技術を使われており、柱の無い広い空間を演出している。夏はプール、冬はアイススケート等、スポーツ競技場として利用され、それ以外にもコンサート会場としても幅広く利用されています。
全体のシルエットが特徴的で緩やかな曲線が美しさを演出しています。

近隣には都会のパワーポットして知られる明治神宮や広大な森林公園である代々木公園があるので、立ち寄った際には少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮は、都内に浮かぶ緑の社です。都会の真ん中にいることを忘れてしまうような美しい神社内を散策してみましょう。※明治神宮本殿は現在、2020年の鎮座100年に向けて2019年まで修復工事中です。

御苑内には都内有数の名湧き水、清正井(きよまさのいど)があります。パワースポットしても人気が高く、写真を撮って携帯電話の待ち受け画像にすると運気が上がると言われています。

大正10年(1921年)に竣工した明治神宮・宝物殿には御祭神ゆかりの品々が収蔵されています。現在は屋根の修復と耐震工事の為2017年1月より休館中です。(明治神宮社務所:03-3379-5511)

代々木公園は都内23区の都立公園の中でも5番目の広さを誇る広大な森林公園です。週末にはピクニックや運動を楽しむ人たちの憩いの場となっています。

道路を挟んで森林公園側をA地区、反対の陸上競技場側をB地区とに分けられています。
B地区にあるケヤキの並木道は語らいながら散歩するのにピッタリです。

 

【会場周辺の情報】

▶コンビニマップ

充電できる店舗もあれば、トイレもない店舗もあったりするので注意してください。
基本的にはなんでも揃っています。

ファミリーマート/ローソン/デイリーヤマザキ/セブンイレブン

 

▶スマホ充電スポット

スマートフォンの充電スポットはかなり少ないです。最悪コンビニで電池式の急速充電器を買った方がいいかもしれません。
基本的には充電ができるカフェがほとんどを占めます。よって、充電がなくなる前に休息をかねてカフェにお邪魔するのがオススメです。

 

▶外貨両替の場所

郵便局・銀行ともに約2,000ドルの両替で約6,000円ほどの手数料がかかります。

ゆうちょ銀行(郵便局)/三菱東京UFJ銀行/三井住友銀行/みずほ銀行

 

▶授乳・オムツ替えスペース

赤いピンを押すと「授乳」「オムツ替え」情報が見れます。両方とも行える場所があったり、どちらかしか行えない場所もあるのでご注意ください。

 

▶救急病院の場所

 

▶交番の場所

警察は電話番号「110」、消防署・救急車は電話番号「119」で電話することができます。

関連記事

  1. 福島あづま球場

  2. 埼玉スタジアム2002

  3. 東京国際フォーラム

  4. 有明アリーナ

  5. 海の森クロスカントリーコース

  6. 有明テニスの森

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »