Circus Outdoor Tokyo6

「Circus Outdoor Tokyo」自然に包まれる秘密の森で非日常を味わえる

「Circus Outdoor Tokyo」は、2018年3月に誕生した壮大な奥多摩湖にほど近い優雅なグランピング施設です。心ときめくオシャレなテント、ベッドやタオル、アメニティなどホテルのような設備が揃っています。快適に過ごすことができ、シェフが腕を振るう絶品料理が用意され、至れり尽くせりのアウトドア体験が待っています。自然に包まれる秘密の森へ、非日常を味わいに出かけてみてはいかがでしょうか?

物語の世界!秘密の森でなにもしない贅沢なグランピングが体験できる!

Circus Outdoor Tokyo s

「Circus Outdoor Tokyo」は、都心から2時間ほどで到着。一歩足を踏み入れると、物語の世界へ入り込んだような夢があふれる空間が出現。都内とは思えないほど緑豊かな秘密の森の中で現代人には難しくなってしまった“なにもしないことをする”を基準に設定されています。

自然に癒されながら、ソファにゆったりともたれて自然を眺めたり、携帯電話を置いて頭をリセットしたり、絵や字を書いてみたり。普段できないようなゆったりとした時間を過ごせば、時計の針がゆっくり進む不思議なひとときを楽しめることができます。

 

Circus Outdoor Tokyo1

奥多摩湖がすべてのグランピングテントから望める大自然に囲まれたロケーションがとても魅力的でおすすめ!夏は緑と美しいエメラルドグリーンの湖を眺めながら過ごし、秋は紅葉で湖が真っ赤に染まる絶景に心から癒されて、冬は葉が落ちた湖を見渡すことができます。

季節によって移り変わる奥多摩湖のさまざまな自然に心ときめき癒されます。ストーリーを持つ5つの異なるコンセプトのフォトジェニックなオシャレなテントに泊まり、極上のグランピングを楽しむことができます。ディナータイムは、専門のシェフが用意する美味しい食事をいただき、優雅なひと時が過ごせ、心から癒されること間違いなしです!

Circus Outdoor Tokyoss

「Circus Outdoor Tokyo」のグランピングの魅力!

物語を感じるとてもオシャレなテント!

テント

グランピングのために作れた独特な形の5つのテントは、コンセプトの異なった個性的な空間。サーカスの人気者、上級クルーの控え室がコンセプトの「Blueberry Unicorn」、迎賓用として使っていた部屋を再現した最高級のテント「Royal Griffin」、それぞれテーマがあります。各所に散りばめられた意味を知れば、さらにワクワクするひと時を楽しむ事ができます。

Circus Outdoor Tokyo5

サーカスクルーの控え室がコンセプトの「Jumpin’ Jackalope」は、4名まで宿泊OKで友達や家族との滞在にぴったりです。そのほかの4つは定員2名で、大切な人とかけがえのないプライベートが楽しめます。 アウトドアのイメージを覆すインテリアにも注目で、寝心地のいいベッドに加えて、ラウンジテーブルとソファ、アメニティやタオルなどがあり、自宅のようにくつろぐ快適なひと時を楽しむことができます。

シェフが手掛けるすべておまかせ豪華ディナー!

デイナー

食事は泊まるテントによってメニューが異なります。ダイニングエリアで全5皿から10皿のグレードの異なったコース料理を味わうことができます。「Royal Griffin」は、テント前のデッキで専属シェフが食事をサーブしてくれます。どちらも、火起こしや調理、片付けは一切必要なく、まるでホテルに宿泊しているかのように、シェフが世界中から探してきた珍しい食材と地元の食材を融合させたフルコース料理を堪能できます。

自然

料理の内容は季節ごとに変わるので、現地に足を運んでのお楽しみです。追加の料理やドリンクの注文以外は料金に含まれているのでとても嬉しい。ダイニングエリアにはラウンジスペースが備わっているので、食後のひと休みをするのにとてもおすすめです。

朝食は、同じくダイニングエリアにてブッフェ形式で、厚切りベーコンや旬の野菜などから好きなだけいただくことができます。卵の焼き方が15種類以上から選べるのもポイント。目玉焼きだけでも、片面焼きのサニーサイドアップや黄身をとろっと半熟に仕上げる両面焼きのオーバーイージーなど、3種類が揃っていて、食べたことのない卵料理に出会えます。5つ星のホテル仕様の朝食をゆっくりと味わうことができます!

デジタルデトックスをして特別な時間を過ごすことができる!

Circus Outdoor Tokyo6

希望すればチェックイン時にレセプションで携帯電話を預かってくれる「デジタルデトックス」ができます。ぜひ体験したいアクティビティのひとつです。デジタルデバイスを手放すと、時計の針はゆっくりと進み、特別な時間がスタート。味わったことのない禁断症状を、楽しみながら用意されているのが万年筆と便箋。『森で綴る時間』と題されている手紙をつづってロウで封印し、宛名を書きフィールド内の模擬ポストに投函すると、郵送してくれるというものです。

Circus Outdoor Tokyo キャンプ

全てのデジタルデバイスを預けるとカメラマンが思い出を写真に残してくれるサービスもあります。そのほか、「Pink Elephant」と「Royal Griffin」に宿泊すると、食後にプライベートキャンプファイヤーをテントの前にセッティングしてもらえます。揺らめく炎をかけがえのない大切な人と見つめながら、語らうひとときを過ごすことができます。

Circus Outdoor Tokyo

部屋

ROOMS

Circus Outdoor Tokyoの客室は5つのテントがあり、それぞれコンセプトの異なった個性的なお部屋。

DEJITARUDETOKKUSU

デジタルデバイスを手放したその時から、時計の針はゆっくりと動き出し、特別なかけがえのない時がスタート。

料理6

FOOD

おもてなしの食事は世界中から集められた食材を、腕ききシェフのコースを味わうことができる。

インフォメーション

スポット名 Circus Outdoor Tokyo
住所 東京都奥多摩町川野290-1
電話番号 非公開
問い合わせはメールにて受付
総合案内:info@circusoutdoor.com
予約 予約に関して:reservation@circusoutdoor.com
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:翌10:00
定休日 毎週火曜日
営業期間 通年営業
交通アクセス [バス] JR奥多摩駅から25分(バス停:中奥多摩湖より徒歩0分)
駐車場 あり・無料
ペット ・Jumpin’ JackalopeのみOK
・犬猫専用コース料理あり
※事前申し込みが必要
設備 ・風呂・シャワー/あり(施設内共有)
・トイレ/あり(施設内共有、水洗・ウォシュレット付き)
・AC電源/あり・無料
アクティビティ あり
・追加料金なし
※デジタルデトックスは、事前にレセプションの電話番号を、職場やお知り合いの方にお知らせして緊急電話の受け継ぎが可能
公式HP Circus Outdoor Tokyo

 

GoogleMap

住所

東京都奥多摩町川野290-1 ※目的地をクリックすると住所や電話番号、目的地経路の検索が表示されます。

関連記事

  1. 圧倒的な迫力で仮想空間を体感出来る【VRZONE SHINJUKU】

  2. 世界共通学問の神様!「亀戸天神社」(Kameido Tenjinjya)

  3. ドラゴンボール&ワンピース好き必見!!東京スカイツリーのジャンプショップに行ってみよう!

  4. 浅草でとんぼ玉作りを体験!世界で一つだけのオリジナルアクセサリーを作ろう!

  5. 「鮨&BAR 四(yon)」東京六本木の隠れ家!大人のために作られたおしゃれなお店

  6. 武蔵野の自然を巧みに利用した「殿ヶ谷戸庭園」(Tonogayatoteien)

  7. レトロな雰囲気が素晴らしい!!人気スポット!!新宿西口「思い出横丁」(Omoide Yokocho)

  8. 世代を超えて楽しめる『東京おもちゃ美術館』(Tokyo Omocha Bijyutsukan)

  9. 築地市場から2年遅れで移転。これから新たな歴史が始まります「豊洲市場」(Toyosu ichiba)

Translate »