江戸手描き提灯が体験・見学しよう!

江戸手描き提灯(えどてがきちょうちん)とは

提灯が一般に普及したのは江戸時代(1596~1868)と言われていますが、実は16世紀の初めから室町時代のころには、「提灯」と思われるものはあったようです。

そんな日本の歴史と長くかかわりのある提灯。
江戸時代半ば頃から浅草近辺には多くの描き職人が仕事をしていた。
明治時代の頃より、問屋制が発達し提灯製造業と提灯文字描き専門業の分業。
現在も東京の提灯屋は貼りあがった火袋に、家紋文字等を描き入れる事を仕事としている。

提灯に描き入れる文字は一般的に江戸文字といわれ、神社仏閣に貼る千社札の原稿を提灯屋が描いていた。

【体験】大嶋屋恩田(おおしまやおんだ)

安政元年(1854年)から続く浅草の老舗。

お祭りや神社に飾る提灯、料理屋の店先につるす赤提灯や家紋入り提灯だけでなく、大人気の似顔絵入り提灯は金婚式祝いや結婚式で大活躍。
電池でLED点燈する「ちょうちん安光(あんこう)」もインテリアに彩りを添えると好評の。
代々伝統の技を継承し、今日においても様々な用途で使える提灯をつくり続けています。

大嶋屋恩田では、ミニ提灯に好きな文字や絵を入れて、粋な体験が体験教室体験道場の2コース用意されています。

  • 各コース共通
  • 体験教室
  • 体験道場
  • 注意事項 ※必ずお読みください。

【時間】
午前の部  9:30~11:00/10:00~11:30
午後の部 14:00~15:30 (土曜は午前の部のみ)

【定休日】
日曜・祝日休み (臨時休業あり)
詳細は営業カレンダーでご確認下さい。

【予約方法】
FAXまはたメールで受け付け。(TELは不可)

FAX:03-3841-5512

FAX専用申込書 体験教室用 / 体験道場用
申込書に必要事項を記入して、上記FAX番号に送信してください。

メールでのお申込みはコチラ

【その他】
・墨を使用しますので汚れても良いもの タオル・エプロン、スモックなど があると安心です。
・下描きに一番時間がかかります。
 事前に描く絵柄(文字や絵など)を考えておくと、スムーズです。
・手が汚れますのでウェットティッシュをご持参下さい。

【体験教室専用問合せTEL】
090-3223-1435(9:00~16:00)

【内容】 
・提灯についてのお話や質疑応答など。(15~20分)
・3号提灯(12φ×27cm)に文字・絵柄の手描きを体験していただきます。(約60分)   

【所要時間】
約90分間   

【費用】 
小・中学生 1人 2,500円(材料費込み)
高校生・一般  1人 3,000円(材料費込み)

【人数】
3 ~ 10人くらいまで

【内容】 
・中太弓張提灯(13φ×50cm)に江戸文字や絵柄の手描きを体験していただきます。 (約90分)

【時間】
約90分間

【費用】
1人 10,000円~

【人数】
2 ~ 4人くらいまで

◆見学のみはお断りしております。
◆ 3号よりも大きい提灯の場合は別途費用がかかります。
◆旅行会社等の方からのご予約は受け付けておりません。
◆必ず、体験されるご本人がお申し込み下さい。
(日にち、時間などの間違いや、持ち物、連絡でのトラブル発生を防ぐため)
◆日にちによっては予約できない場合もあるので、詳細についてはお問い合わせください。
◆日本語の対応のみとなります。
(外国人の方が参加をご希望の場合は、日本語のわかる方の同伴をお願いいたします。)

店舗情報

住所 東京都台東区駒形2-6-6
電話番号 03-3841-2691 
(受付時間:9時~18時/土曜~17時)
FAX 03-3841-2619
営業時間 9:00 ~ 18:00(土曜:~17:00)
定休日 日曜・祝日(臨時休業あり)
アクセス ・都営浅草線 浅草駅 A2出口 徒歩2分
・東京メトロ銀座線 浅草駅 4番出口 徒歩7分
・都営大江戸線 蔵前駅 A7出口 徒歩5分
駐車場 駐車場は近隣にコインパーキングあり
HP https://www.chochin-ya.com
E-mail info@chochin-ya.com

 

 

 

【見学】山崎屋源七提灯店(やまざきやげんしちちょうちんてん)

江戸時代から続く浅草の老舗。描くものは祭禮(さいれい)や看板だけでなく、扇子・番傘・落語家のめくりなど実に多彩。

何より多いのは三社祭と付随するお祭りの提灯。代々受け継いでいる浅草寺・浅草神社の唯一の出入り職方として、毎年2,000個以上を仕上ているお店です。

粋で凛々しい提灯の手描きを間近で見学することができます。

見学方法

【料金】 無料 体験は実施していません。
【定員】 10名くらいまで
【所要時間】 30分くらい(来店時の作業内容により異なる)
【見学可能日】 月~土曜日
【時間】 10:00~18:00(店の営業時間は09:00~19:00)
【予約方法】10日前までに電話かFAXで予約。

店舗情報

住所 東京都台東区雷門2-9-9
電話番号 03-3841-8849
※「iタウンページを見た」と一言添えて下さい。
FAX 03-3843-2885
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜 祝日 ※休日でも前日に御連絡下されば相談に応じてくれます
アクセス ・都営浅草線「浅草」駅下車徒歩2分
・東京メトロ銀座線「浅草」駅下車徒歩2分
・東武伊勢崎線「浅草」駅下車徒歩3分
HP iタウンページ:http://nttbj.itp.ne.jp/0338418849/index.html#pagetop

 

 

【見学】花藤(はなとう)

明治26年から続く浅草の老舗。浅草神社の三社祭軒提灯を手がけています。
その他には、小料理屋などの店先に掲げる商業用の依頼も多く、作業場には納品を待つ大小さまざまな提灯が並んでいます。
貴重な骨董提灯の修復も手がけているお店です。

提灯の骨ででこぼこしている和紙に、筆で文字をなめらかに描く難しい技を間近で見学することができます。。

見学について

【料金】 無料
【定員】 6名程度(7名以上も応相談)
【所要時間】 作業内容により異なる
【見学可能日】 火曜日以外
【時間】 11:00~16:00(12:00~13:00を除く。店舗の営業時間は10:00~20:00)
【見学内容】見学予約時間に作業している内容を見学するため、見学内容はその時により異なります。
【予約方法】電話やFAXで要確認

店舗情報

住所 東京都台東区浅草2-25-6
電話番号  03-3841-6411
FAX 03-3841-8788
営業時間 10:00~19:30
定休日 火曜日
アクセス ・つくばエクスプレス「浅草」駅下車徒歩5分
・都営浅草線「浅草」駅下車徒歩15分
・東京メトロ銀座線「田原町」駅下車徒歩15分
HP http://www2.plala.or.jp/Asakusa-Hanatoh/

 

 

 

関連記事

  1. ”築地”誰でも見学が可能な市場

  2. 洋館と庭園の2つのコラボレーション【旧岩崎邸庭園(Kyu Iwasakitei teien)】

  3. 必見!東京でしか買えないオススメのお菓子

  4. 「Ebisuya」の人力車で浅草観光を楽しもう!

  5. 伝統工芸品『江戸切子』(Edokiriko)の体験ができる3つの工房

  6. 新宿の夜と言えば「Hooters」!たくさんの可愛い女の子がいる天国!?

  7. 自然を感じよう♪風の子太陽の子広場[ kazenoko-taiyonko-hiroba]

  8. タトゥーOK!第1弾!創業80年!斉藤温泉♫<Japanese bath house>

  9. 東京タワーの中にある水族館!?(tokyotower-suizokkan)

Translate »