日本を代表する『国営昭和記念公園』・ 広大な敷地に四季の草花が彩る

東京都立川市と昭島市にまたがる『国営昭和記念公園』

『国営昭和記念公園』は、昭和天皇御在位50年の記念事業の一環として造られました。(米軍立川基地跡地の180ヘクタールを使用)

そして、1983年(昭和58年)昭和天皇御臨席のもと開園式典が執り行われました。

開園当時は70ヘクタールほどの面積で、【みんなの原っぱ】や【花木園】だけでしたが、順次規模の拡大や施設を充実させながら現在に至ります。

園内には首都圏最大級のレインボープールやフットサルコートなどの運動場、こどもの森などの遊び場、ドッグラン、レストラン&カフェ、売店など合計45の施設が点在しています。

また、四季を通して様々な花が美しく咲き誇るのも魅力です。

春には桜やチューリップ、夏はヒマワリ、秋にはコスモスや紅葉、冬には大規模なクリスマスイルミネーションとシャンパングラスツリーで園内が彩られます。

都心からのアクセスも抜群で人気の観光スポットです。

毎年3月下旬から5月下旬にかけて「フラワーフェスティバル」が開催される

毎年100万人以上が訪れる『フラワーフェスティバル』。

開催期間中には様々な花々が見頃を迎えます。

まず、1,500本の桜に始まり、菜の花、チューリップ、5月中旬はシャーレーポピーなど、花々の開花リレーは見応えがあります。

外国人観光客が最も多いのが『日本庭園』

国営昭和記念公園の基本理念である「緑の回復と人間性の向上」に添って、日本人がこれまで育んできた自然観を、広く多くの人々に感じ、触れていただくために造られた庭園が「池泉回遊式庭園」です。

【池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)】とは?

日本庭園の形式の一つ。江戸時代の代表的庭園形式である。

池を中心に設け、その周囲を巡りながら観賞する。他に【桂離宮・金沢兼六園・六義園など】

この庭園の大きな特徴は、何と言っても6ヘクタールという広大な敷地に広がる景観です。

大空の下で庭園美に触れることが出来、冬には梅、春には桜、初夏には花菖蒲などの花々が庭園を彩ります。

日本で初の『国営盆栽苑』

2004年(平成16年)113日(文化の日)に、日本初の国営盆栽展示施設として『国営盆栽苑』が開設しました。

場所は、昭和記念公園の最も北側、日本庭園の奧にあります。

盆栽苑には、歴史と伝統ある国風盆栽展クラスの盆栽が展示されています。

また、盆栽が作られていく過程が学べる学習ゾーンがあり、初心者にもわかりやすく解説してもらえるなど、幅広い年齢層が楽しめます。

見学客の感想として、

『室内にはもみじやブーゲンビレアなどのミニ盆栽も展示されていてなかなか見応えがあって良かった』

『並べられている盆栽は大小いろいろでざっと100鉢。専門家もいるので、質問にも答えてもらえる。盆栽好きにはたまらないだろう。』

『樹齢100年を超える立派な幹の盆栽も多く見応えがありました。珍しいものでは、熱帯性の木花のブーゲンビリアの可愛らしい盆栽などもありました。盆栽のイメージが変わりました。』

『大小さまざまな盆栽が屋内外にたくさんありましたが、とにかくサイズの大きい作品がたくさんあって圧倒されました。』

などが寄せられています。

日本最大級のトランポリン『雲の海(ふわふわドーム)』inこどもの森

大人気の巨大なトランポリン『雲の海(ふわふわドーム)』は小さいお子さんでも利用できます。

ふわふわと大きなトランポリンで飛び跳ねると、まるで雲の上にいるように感じます。

中学生以下専用の遊具ですので、高校生以上(15歳以上)の方はご利用できません。

(幼児の付き添いの方は除く)

雨天時は滑りやすく危険なので、利用を中止します。

原っぱ中央にある高さ20m以上の大ケヤキは公園のシンボルツリー

述べ11ヘクタールもある園内最大のスペース『みんなの原っぱ』は、園内のちょうど真ん中にあり、南北に約400m、東西に約300mもある広大な原っぱです。

ここでは、年間を通じて各種イベントも開催し、毎年夏には花火大会も行われます。

なんと東京ドームが2つ分まるまる入る、約11ヘクタールという広さなんです。

原っぱの東西にある2つの花畑では、春には菜の花やポピー、秋にはコスモスが開花します。

愛犬と飼い主が一緒に遊べる『ドッグラン』

他の利用者との交流の場としても活用できる『ドッグラン』では、リードを外して愛犬と飼い主が一緒に遊ぶことができます。

利用する際は、入口で利用申し込みが必要です。

ドッグラン利用の際の注意点

以下の証明書の掲示が必要です。

 ・狂犬病予防接種注射票または狂犬病予防接種注射済証(いずれも接種日より1年以内)

 ・三種以上混合ワクチン予防接種証明書(接種日より1年以内)

掲示がない場合は、ご利用いただけません。

全長14kmのサイクリングコースを走る

レンタサイクルは【立川口】・【西立川口】・【砂川口】にあるサイクルセンターで貸し出しをしています。

全長14kmのサイクリングコースがありますが、この『レンタサイクル』は広い園内を移動するのにとても便利です。

サイクリングロードはサイクリング専用の為、歩いてのご利用はできません。

自転車のサイズは1826インチまで用意してあります。

かご付自転車、カップルが利用しやすいタンデム自転車などがあります。

補助輪付き自転車はサイクリングロードではご利用いただけません。

貸出も行っていません。

必ず園内各所の駐輪場に自転車を停めてください。

区分

料金(超過料金)

大人(15歳以上)

3時間…410円(30分ごとに70円)

1日券…520

小人 (中学生以下)

3時間…260円(30分ごとに30円)

1日券…310

利用時間は930~閉園1時間前まで。

一輪車の貸出は【立川口サイクルセンター】のみ。

広大な園内での移動に便利!可愛らしいデザインも人気の『パークトレイン』

パークトレインに乗るには、公園の各所にあるバス停のような「パークトレインのりば」から乗ります。

園内の主要スポットを45分くらいかけて1周します。

所々に停留所がありますので、好きな場所で下車することも出来ます。

パークトレインは1回利用の場合は大人(15歳以上)310円、小人150円(4歳以上中学生以下)で乗車が可能です。

一日乗り放題の一日フリーパス券は510円(4歳以上)で販売されております。

【パークトレイン一日フリーパス券について】

3月から11月までの平日のみの販売。12月から翌年2月までは毎日販売。

・混雑時には平日でも販売を中止させていただく場合があります。

・混雑時など、満車でご乗車いただけないことがあります。あらかじめ御了承ください。

・天候及びイベント等の開催により、販売日等を変更する場合があります。

・コスモスまつり2017期間中は、一日フリーパス券の販売を中止いたします。

東京ドーム約39個分の広い園内をセグウェイで回る!

国営昭和記念公園では、2016年(平成28年)28日(月)より、セグウェイで園内の見どころを巡る「セグウェイガイドツアー」が始まりました。

ガイドの説明を聞きながら楽しく回る約2時間半のコースです。

最初に約30分の乗車講習を行いますので、セグウェイに乗ったことのない方でも、安心してツアーに参加できます。

対象年齢

16歳~70

所要時間

2時間30分~

予約人数

1人~6

9,000円(税込)

ご予約はこちらから

15,000㎡の広大な花畑

春にはポピー、秋にはコスモスが『花の丘』一面に咲き誇ります。

春の季節に『ソメイヨシノ』を楽しむ

春にはソメイヨシノを中心としたサクラの木の下で、お花見が楽しめます。

樹齢4050年ほどの大木が多く、座った人の目の高さまで垂れ下がった枝もあります。

春、渓流沿いに色とりどりのチューリップが咲き乱れる

みんなの原っぱ西側に位置する渓流広場は、約700mにわたる渓流のゆるやかな流れを感じながら、色とりどりのチューリップも楽しめます。

  • 住所
  • 電話番号
  • 開園時間・休園日
  • 入園料金
  • 駐車料金
  • 駐車収容台数
  • 交通アクセス

〒190-0014

東京都立川市緑町3173

042-528-1751

開園時間

 ・3/110/31は9:30〜1700

 ・11/12月末日は9:30〜1630

開園時間は催しもの等により、変更する場合あり。

休園日

・年末年始(12/311/1

・2月の第4月曜日とその翌日

昭和天皇記念館の休館日は、公園休園日と月曜日及び特別展示・企画展示開催前後の整理期間。月曜日が休日の場合は、直後の平日。

 

 

 

 

一般

大人(15歳以上)/410円

小人(小〜中学生)/80円

シルバー(65歳以上)/210円(要年齢確認)


団体料金

大人(15歳以上)/290円

小人(小〜中学生)/50円

シルバー(65歳以上)/210円(要年齢確認)


年間パスポート

大人(15歳以上)/4,100円

小人(小〜中学生)/800円

シルバー(65歳以上)/2,100円(要年齢確認)


※小学生未満は無料。

※団体は、有料入園者で小学生以上20人以上。


昭和の日(4月29日)をはじめとして、年に数日入園が無料となる。

大型車

1,750円

普通車

820円

原付・自動二輪車

260円

立川口 

大型車/83台  普通車/1,755台  原付・自動二輪車/70台  障害者用/20台


西立川口

大型車/なし  普通車/345台  原付・自動二輪車/40台  障害者用/6台


砂川口

大型車/10台  普通車/431台  原付・自動二輪車/18台  障害者用/6台

 

電車で行く

JR中央線立川駅より徒歩10分

JR青梅線 『西立川』駅より徒歩2分


車で行く

中央自動車道 国立府中ICより甲州街道立川方面に約8Km

中央自動車道国立府中IC下車。国道20号線を立川方面へ日野橋交差点を右折する。


羽田空港から行く

京浜急行 『空港ターミナル」駅→ JR山手線『品川』駅→ JR中央線『新宿』駅→『立川』駅→ JR青梅線『西立川』駅下車。

関連記事

  1. 大人から子どもまで楽しめる【東京おもちゃ美術館】

  2. 日原鍾乳洞〜東京にある鍾乳洞⁉︎必見!数十万年の神秘

  3. ”コミケ” 日本最大の漫画同人誌展示即売会❗️ アニメとコスプレ祭り❗️

  4. 【レインボーブリッジ】東京一のオススメ夜景スポット!昼に行くのもオススメ!

  5. 【桜神宮】(sakurajingu) 古式神道を受け継いでいるパワースポットで桜の縁結びでも有名である

  6. 日本で一番アメリカに近い町 『福生』

  7. 「Ebisuya」の人力車で浅草観光を楽しもう!

  8. 工場見学ができる天然水のビール工場「サントリー 東京・武蔵野ブルワリー」(SUNTORY Tokyo Musashino buruwari)

  9. 音と光の水族館として生まれ変わった『アクアパーク品川』

Translate »