広大な公園に広がる「国営昭和記念公園 Winter Vista Illumination」

国営昭和記念公園はどんなところ?

昭和58年(1983年)、昭和天皇在位50年記念事業として、米軍立川基地が返還された跡地に誕生した国営公園。180万平方メートルもの広大な土地は、「森のゾーン」「広場ゾーン」「水のゾーン」「展示施設ゾーン」「みどりの文化ゾーン」に分けられ、エリアごとに様々な施設や遊具などが設置されています。年間を通して様々な花や樹木が楽しめるほか、夏には花火大会冬にはイルミネーションなどのイベントも行われています。

国営昭和記念公園 Winter Vista Illumination

東京のオアシス・国営昭和記念公園で夜間特別開園をして行うイルミネーション。立川口ゲート周辺からふれあい広場までが、やさしい光に包まれます。イルミネーションのテーマは毎年変わり、それぞれ違った表情を演出。カナールを中心に、約1万5000個のグラスを使ったシャンパングラスタワーや公園のシンボル的存在の大噴水のライトアップ、木々と水面が輝くイルミネーションで、幻想的な世界が楽しめます。

国営昭和記念公園のシンボル「銀杏並木」。ゴールドに輝くイルミネーションには圧倒されます!

屋外のイルミネーションでは珍しいシャンパングラスタワー。大きなタワーが2つと、イチョウ並木道に小さなシャンパンタワーが並べられているんですよ。

国営昭和記念公園のイルミネーションでは花火もあります。
ただし、クリスマスの24、25日前後に行われるので、必ず公式ホームページで日程を確認して下さい。時間は「20:10~20:15」で、この間に約300発の花火が打ち上げられます。5分と短いですが、その時間はとても楽しく、イルミネーションと花火のコラボが素晴らしいです。

寒さを凌ぐなら「ふれあいレストラン」

ふれあい広場前にある「ふれあいレストラン」。こちらに入って寒さを凌ぐこもできますし、お腹がすけば食事もできます。セルフサービスレストランになっているので、席取りは各自自由。窓際の席からはイルミネーションを見ることもできます。。

インフォメーション

イベント名 国営昭和記念公園 Winter Vista Illumination
住所 東京都立川市緑町3173
電話番号 042-528-1751
開催期間 2018年12月8日(土)~12月25日(火)※荒天中止
点灯時間 17:00~21:00(最終入園は20:50まで)
入園料 大人(15歳以上)    :450円
子供(小・中学生)  : 0円
シルバー(65歳以上):210円
最寄り駅 JR中央本線立川駅より徒歩15分 多摩都市モノレール・立川北駅より約13分
駐車場 有料駐車場有り
16:00~21:00(最終入場は20:45まで)
※16:00以降は立川口駐車場のみ
(大型車83台/1750円、普通車1,755台/820円、原付自動二輪車70台/260円)
 
喫煙 喫煙所有り
混み具合 混まない
公式HP http://www.showakinen-koen.jp/

 

GoogleMap

住所

東京都立川市緑町3173 ※目的地をクリックすると住所や電話番号、目的地経路の検索が表示されます。

関連記事

  1. 忍者体験, 手裏剣道場 新宿 忍者からくり屋敷

    東京で手軽に忍者(Ninjya)体験ができるおすすめ人気スポット

  2. 宇宙船のような水上バス『ホタルナ』での隅田川クルーズ

  3. 「渋谷のハロウィン」は大人たちが楽しむ秋の大イベント

  4. 新宿で忘れられない体験を!マジックバー手品屋

  5. 東京タワーの現状って?意外と知られていない真実!(Tōkyōtawā)

  6. 超リアルな江戸を体感しよう!【深川江戸資料館】Fkagawa Edo Shiryoukan

  7. Manten sushi Marunouchi こだわりのお鮨をもっと気軽に

  8. 24時間営業 英語で注文できる寿司屋『築地 すしざんまい本店』(Tsukiji Sushizanmai honten)

  9. 13青の洞窟SHBUYA

    青の洞窟 SHIBUYA は青一色のイルミネーションの光で癒し、寒い季節を心から温かく包み込んでくれる

Translate »