「腐女子のための聖地」として知られる【乙女ロード】Otome Road

「腐女子の聖地」として知られる【乙女ロード】

乙女ロードとは、池袋駅東口出てサンシャイン60の西側のストリートの通称。
「アキバ」と言えば秋葉原のオタク街ですが、乙女ロードは「アキバ」とは一線を画し、女性対象のアニメグッズや同人誌を扱う通称「乙女系」の店舗が多く並ぶことから「腐女子の聖地」と呼ばれています。

サンシャインシティの正面にある通り周辺を指し、アニメイト本店や、らしんばん池袋本店のようなアニメ・ゲームなどの専門店から執事喫茶や男装した女性が店員を務める乙女喫茶、女性向け同人誌専門店などが密集するエリア。

乙女ロードの定石コース 初心者でも満悦するツアー

乙女ロード・池袋の魅力をまんべんなく楽しめるコースを紹介します。

まず最初に、アニメイト池袋本店

アニメイト池袋本店は池袋駅東口徒歩5分、JR・西武線・東武線・東京メトロ各線から、行くことができます。
日本全国に70店舗以上のチェーン店を持つアニメイトの本店です。

1階から8階まですべてアニメ・コミック・声優関連のグッズやCD、キャラクターグッズやフィギュア、トレーディングカード(トレカ)、コミック・ゲームなどが並んでいて、店内にはオンリーショップやイベントスペースも併設。
アニソンアーティストや声優さんのイベントなども実施されています。

https://www.animate.co.jp/shop/ikebukuro/

次に、らしんばん本店

アニメグッズなどの中古買取と販売を総合的に行っています。
1階が女性向けフロア、2階が男性向けフロアとなっています。
グッズの品ぞろえは池袋一二を争い、本当にUsedなのか?と思うぐらい豊富です、欲しかった物などはほとんど手に入れることができます。

値段も妥当な感じです。
意外にレアな物もに遭遇することがあり、お宝と出会う楽しさもあります。
ただ常に混んでいるので、買取りの際などは時間に余裕のある時に行った方がいいと思います。

https://www.lashinbang.com/store/ikebukuro/

 

3番目はK-BOOKSヒストリア館

K-BOOKSヒストリア館は歴史関連作品グッズの販売・買取を行っていて、刀剣乱舞・千銃士・イケメン戦国・戦刻ナイトブラッド・薄桜鬼・茜さすセカイでキミと詠う等の、歴史関連作品グッズが豊富です。

 刀剣乱舞グッズは、日本でも随一の 圧倒的な品揃えでお探しの一品はここで見つかるかもしれません。
 戦国時代のイケメンのイケメングッズが幅広く取り揃えてあります。

https://www.k-books.co.jp/company/shop/historia.html

4番目は、まんだらけ池袋店

女性向け中古同人誌の販売・買取を中心に、新刊の委託販売も行う乙女ロードの老舗。
東池袋公園横にあるお店で、地下にあるですが地上の大きな看板があるために見落とすことはないでしょう。
螺旋階段を下りて、その先にある独特の雰囲気はまさに乙女ロードならでは。

マニアックな品揃えで、かなりプレミアのついたフィギアや雑誌、カードの類が置いてあります。
一般のコミックも置いてあり、マニアだけでなくビギナーの方も楽しめるお店です。

中古品の品ぞろえはK-BOOKSと同等で、女子向けの同人誌から商業誌、CD、アイドルグッズ等、充実しています。
まんだらけの特徴は芸能ジャンルに強いこと。

一回200円のガチャガチャは凝った作りのおもちゃが入っていて、これだけでも楽しめます。
買い物が終わったら外のテーブル席で休憩もできます。

http://mandarake.co.jp/shop/bkr/

5番目は、K-BOOKSアニメ館・ライブ館

中古のアニメのキャラクターグッズや声優グッズの専門店。
アニメグッズ(他店舗取り扱いタイトルを除く)を最新作から旧作まで幅広く取り扱っており、1Fにある「ライブ館」とは同じ建物に入っていますので、1Fを覗いたあとに2Fへ行く感じですね。
レア物やイベント限定のグッズを探す楽しみもあり、特に用事がなくても時間つぶしも出来ますし、懐かしいものも見つけられます。

※ジャンプ作品・サンデー・チャンピオン・マガジン作品のグッズのみ、K-BOOKSの他のお店で取扱い中になります。
ご注意下さい。

https://www.k-books.co.jp/company/shop/live.html

同一ビル

K-BOOKS同人館

1Fはコンビニエンスストアになっていて、階段を上った奥にあります。
入り口は狭く感じますが、新刊が豊富でグッズ類も数多く取り揃えてあります。

2Fは女性向けコミック・同人誌・グッズのKingsKing&Character Queen。
3Fは女性向け同人誌の古本の買取り販売も行っていて、同人誌を探す人にやさしいK-BOOKS同人館。
新刊コーナーがフロアの約半分ちかくあるので、お目当ての品物も見つかるのではないでしょうか。

本以外にCDも取り扱っているので、秋葉原で見つからない品物がここで見つけることができるかもしれません。
荷物が多くなっても問題ありません、コインロッカーを利用すればよいのですから。

https://www.k-books.co.jp/company/shop/doujin-3f.html

執事喫茶 Swallowtail

K-BOOKS同人館の地下1階にひっそりとたたずむこの店は日本初の執事喫茶、池袋の中でも気軽には入れない執事喫茶のパイオニア「スワロウテイル」。
基本的には予約制だが空席があれば入店可能、しかし完全予約制と考えたほうがよい。
ネットから予約でき、予約前日の20時以降のキャンセルはキャンセル料がかかり、利用は時間制80分間。

ここの執事はもちろん男性、外階段を降りるとドアマンがいるので、そこで予約の名前を言って入店。
店内では、携帯電話はカバンにしまうのがルールになっています。
敷居は高いですが、サービスや紅茶、料理の味はなかなかのものです。

ドリンクメニューのみのオーダーはNGなので、¥3000以上は覚悟してください。
でも、この金額で非日常体験ができれば納得できること間違いなしです。
オタク女子なら一度は経験してみる価値はあるのではないでしょうか。

https://www.butlers-cafe.jp/

ラスト2軒

K-BOOKSコミック館

中古商業BLコミック・小説を中心に、BL関連の書籍・CD・ゲームなどを扱っているK-BOOKSの分館。
中古商業BLの品数は池袋随一、探している本がきっと見つかると思います。
乙女ゲームやBL関連の書籍・CDコーナーは地域最大級!

Wonder parlour cafe(メイド喫茶/執事喫茶)

店内は貴族をイメージしたクラッシックな雰囲気で、優雅な音楽と紅茶の香りが漂い、気持ちが和らぎます。
アキバ系メイドカフェの浮ついた雰囲気とは違って、上品でクォリティーの高いサービスには感心します。

紅茶の種類が豊富で、拘っています。
紅茶もさることながら、料理の味も抜群です、ハーブの香りの効いたおいしいシチューを堪能できます。

インテリアやメイドさんの行き届いた対応、他のお客さんたちの様子も含めてとても落ち着きます。

紅茶を出してくれる時、さりげなく利き手にあわせてカップの位置を配してくれたり、店を出て帰る際にずっと玄関先でお辞儀して見送ってくれるなど、細やかな徹底したサービスを感じます。

GoogleMap

目的地をクリックすると住所や電話番号、目的地経路の検索が表示されます。

関連記事

  1. 日原鍾乳洞〜東京にある鍾乳洞⁉︎必見!数十万年の神秘

  2. 13青の洞窟SHBUYA

    青の洞窟 SHIBUYA は青一色のイルミネーションの光で癒し、寒い季節を心から温かく包み込んでくれる

  3. 【森美術館】 日本一高い場所にある美術館 現代アートを楽しもう

  4. 新宿の路地中に佇んでいる大人の隠れ家『すし 紺や』(Sushi Konya)

  5. 「鮨&BAR 四(yon)」東京六本木の隠れ家!大人のために作られたおしゃれなお店

  6. だしの旨味をいかした日本食【NihonbashiDasibaHanare】

  7. 武蔵野の自然を巧みに利用した「殿ヶ谷戸庭園」(Tonogayatoteien)

  8. 東京ドームシティ ウィンターイルミネーション ~江戸の粋・日本の華~

  9. 【kochikame park】両さんに会おう!!

Translate »